電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化の目的は何?

電力自由化の目的は何?

 電力を供給するには発電する仕組みが必要です。主な発電の仕組みとして、水力発電、火力発電、そして原子力発電によって作られた電気が供給されます。この3つの方法の共通点として、それなりに大きな設備が必要になることでしょう。
 そのため、大手の電力会社が発電をして、それを各家庭に送電する仕組みが一般的になりました。従来は、その地域に住んでいる人はその地域の会社からしか供給を受けることがで来ませんでした。これが電力自由化によって変化しました。
 電力を供する会社が各地に参入することができるようになり、電力会社が選べるようになりました。

 電力会社が選べるようになると、各社で競争が起こるようになります。利用者としては、できるだけお得になる会社と契約しようとするからです。自由化の目的としては、業者間の競争を促すことが挙げられます。他の業界では当然のように行われていますが、電力業界では行われていませんでした。
 新たな会社としては、ガスを利用して発電する会社であったり、太陽光や風力を利用して発電する会社などがあります。太陽光で発電するからといって、夜に電力の供給が無くなるわけではありません。利用者はこれまでの電力会社同様に電気を利用することができます。

 電気といいますと、各家庭には欠かせないインフラです。電線は各家庭に通じていますが、これまでは電気を送ることにしか使われていませんでした。電力自由化によって、電気以外のサービスの充実が期待されています。
 ガス会社が電気の供給をすれば、電気とガスのセット販売などが行われ、より価格が下がる可能性があります。電話会社が電気を販売すれば、通信サービスなどと融合される可能性があります。電気に電気以外の付加価値が付けられる可能性が出てきます。災害の時や、高齢者が多くなったときなどに役立てるサービスが出てくるかもしれません。
 日本においては、再生可能エネルギーの利用があまり進んでいない問題があります。電力自由化の目的として、太陽光発電や風力発電、その他の自然を使った発電の普及があります。従来の電力会社では、主に火力などで発電を行っていましたが、新規参入会社の場合は太陽光発電などを利用した会社が多くなっています。
 どんどん参入する会社が増えていけば、これらのエネルギーによる発電の割合が増えます。各家庭に装置を付けてもらうだけでは追いつかないのが現状です。自然エネルギーが増えれば、火力発電や原子力発電の負担を減らすことができます。

カテゴリー

PAGE TOP