電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化による契約に関してのポイント

電力自由化による契約に関してのポイント

電力自由化で、仮に電力会社を変えてみるとなれば、現在と比べてリーズナブルな電気料金をピックアップして、契約の取り交わしという手続きを行なうことが求められます。
その部分が面倒なことと感じる場合は、電力会社をチェンジすることはウィークポイントともいえるでしょう。
しかしながら、電力会社のチェンジに関しては強制ではないと言えます。
アドバンテージとなるチャンスを取りこぼしているかもしれませんが、強引に電力会社を差し替えることは不要です。
切り替えそのものが面倒なことという人は、電気の契約の締結をする必要がある引っ越しの際に電力会社のチェンジを考慮しても良いかもしれません。
それに加えて、新電力の中においては違約金がある電気料金プログラムもあります。
これに関しては、携帯電話、あるいはプロバイダーといった契約の時に生じる違約金と同様といえます。



電力自由化で自社の設備を活用できる会社は有利です

電力自由化で、新たに参入する会社が増加傾向にあります。
新電力会社を目指すには、自分の会社で発電設備を抱えている必要性はなく、工場といった自家発電の余剰分であるとか、電力卸売市場で売られる電気を買い入れて、電源を手に入れる会社も見受けられます。
あらためていうまでもなく、自らの発電所を有している会社組織は、電力自由化にはアドバンテージになります。
電力会社より電気を買い求めるより、自費で発電させ、まわりの他の会社に対して電気を売り出した方が費用は下げられます。
また、もうすでに発電所の設備、あるいは新電力会社の形での管理運営ノウハウのストックがあります。
こうした会社組織は一般家庭用の電力小売り事業に新たに参入することを通じて、自分の会社の発電所の電力の売却先を増加することができることから、より一層設備投資ができ、費用を下げることが実現可能です。



電力自由化により電力と併せるサービスがあります

電力自由化によって、新たに参入した会社組織には、電力とは違った異なるサービスと電力を同時並行的に供することを通して、利用者にアドバンテージが生まれるケースがあります。
例として、携帯通信事業者があります。
携帯電話、あるいは異なる通信事業で、すでに多くの契約の取り交わしを有しており、サポートセンターまたは料金回収システムが設置されているので、月毎の電気料金の利用料に対応させて、料金を求めるサービスシステムのインフラに活用することが出来るアドバンテージがあります。
また、スマートフォンやインターネットとのセット割引といったアドバンテージとなるサービスを供しています。
それに加えてケーブルテレビの会社は、チャンネル放送それから、インターネットそして、固定電話や携帯電話のセットサービスを実施しています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP