電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化で電気とITの融合が期待される

電力自由化で電気とITの融合が期待される

各家庭に運ばれるインフラとして、電気と電話があります。
どちらも電柱を通して提供されています。
では電柱はどちらが負担しているかですが、基本的にはそれぞれの線毎に柱を持っているようです。
ただ、都市部などは非常に多くなるため、共有化をしています。
話し合いなどで、共有をしているようです。
電話回線といえば、ITに関連する回線を持っています。
光回線などもあるでしょう。
電力自由化によって電話会社が電力を提供するようになっていますが、より電気とITの融合が進むかもしれません。
これまではあまり共同のサービスがありませんでした。
まだまだ大手電力会社の設備がたくさんあるのですぐには広まらないでしょうが、電話会社の電力が利用されるようになると、今以上の通信と電力の提供が受けられるかもしれません。
電気を無線で提供してくれるサービスなども進めてくれるかもしれません。



電力自由化で太陽光や風力などが広まるか

電気は、タービンを回して発電する方法がこれまで一般的でした。
ダムから水を落としたり、水蒸気を発生させてそれでタービンを回したりしていました。
水力の場合は水をためる必要があり、火力のように燃やせばできるわけではありません。
原子力は一定の問題があります。
これまでにない発電の方法として、太陽光と風力があります。
太陽光は、まさに太陽の光を使った発電です。
風力は、風邪の力でプロペラなどを回してそれによって発電をします。
どちらも自然から発生するエネルギーで、これによって環境を壊すことは少ないです。
電力自由化で期待されていることとしては、これ前の火力や原子力による発電ではなく、太陽光や風力による発電の広まりでしょう。
おそらくまだまだ少ない状況ですが、これからもっと効率的に、大規模に発電ができるようになれば、火力などに匹敵する発電ができるようになるかも知れません。



日本にも電力自由化の波が押し寄せてきた

電力自由化によって、各家庭で好きに電気事業者を選べるようになりました。
事業者によっては、電気料金も異なりますから、月々の生活費を抑えたいなら、安いところに乗り換えるのもありでしょう。
しかし、まだ制度は始まったばかりであって、実際に電力会社を乗り換えたという人は少ないです。
どこの電力会社でも変わらないと考えている人もまだまだ多いのが実情です。
しかし、より優秀な電力会社を選ぶことは、日本のためにもなります。
正常な競争原理を働かせるためにも、安くて質のいい会社に乗り換えることは推奨される行為となります。
一年に一回程度は、今の電力会社が本当にベストな選択肢なのかどうかを考えてみるといいでしょう。
環境についてしっかりと考えている電気事業者をサポートすることは、日本全体のためにもなる行為です。
個人でできる環境対策の一つが、電気事業者の選定になるので、しっかりと考えていきましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP