電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化で将来の停電を防げるか

電力自由化で将来の停電を防げるか

日本において、災害など以外で停電が起こるのはまれです。
雷も災害の一つでしょうが、それ以外でいきなり停電になるとしたら計画停電があります。
これは、夏場などに電気の供給が追い付かないとき、電力会社が計画的に供給をストップする行為になります。
計画停電をされれば当然供給を受けない地域では電気が使えません。
クーラーを使えないだけでなく、冷蔵庫も使えませんから保存しているものがすべてだめになります。
災害などの停電は仕方がないとしても、計画停電はできるだけ避けてほしいでしょう。
電力自由化では、多くの会社が参入をして電力の提供を行います。
地域を超えた電力の提供が行われることからもあ、各社で電力の融通が進められそうです。
余裕のある地域から足りない地域に供給し、足りなくなるのを防ぎます。
自由化がよりその仕組みを強化してくれるかもしれません。



電力自由化で利用できる電話会社の電気の中身

電気は発電をすると作ることができます。
各家庭の屋根にも太陽光発電などがあるかもしれません。
こちらで発電をして家庭内などで使うことができます。
家庭で発電できる量はそれほど多くありません。
家庭内で使う分がやっとぐらいの場合もあります。
電力自由化によって、多くの電力会社が登場しました。
その中には機器なれた名前の会社もあります。
携帯電話などのサービスを行っている会社です。
電話のイメージで違和感はないですが、どうやって発電をしているのかは気になります。
こちらの会社では、メガソーラーと呼ばれる仕組みを利用して発電をしています。
太陽光発電ですが、非常に規模が大きな敷地にたくさんのパネルを敷き詰めて発電を行っています。
各家庭で発電する量とは大きく異なります。
そのために多くの世帯に電気の供給が可能になっています。



賃貸で電力自由化の恩恵を受けられるか

住宅を利用するとき、自分の持ち家のこともあれば賃貸を利用することもあります。
持ち家の場合は、いろいろな契約や変更などは自分で行えます。
しかし、賃貸は物権の所有者は大家になります。
勝手にいろいろ変更できない場合があります。
電力自由化によって賃貸物件を利用している人はどうなるかです。
自由に変更することが可能かです。
基本的には自由に行うことができます。
ですから自分に合う会社を選ぶことができます。
逆に選ぶのが面倒と感じる人がいるかもしれません。
今までなら、引越しをしたときの電力会社はその地域の会社でした。
ですから選ぶことなく、特定の会社に連絡をして手続きをしていました。
これからはその地域に提供をしている複数の会社から選んで、そちらと契約することができます。
引越し前に、どこがいいか検討しておくと後で楽に選べます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP