電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化でポイントサービスも激化

電力自由化でポイントサービスも激化

家電量販店やスーパーなどを利用すると、利用に応じてポイントがたまります。
ただ、ここでためたポイントはそれらのお店でしか利用できません。
よく使う人は使い切ることができますが、あまり使わない人はポイントを使わないまま期限切れになる場合があります。
最近のポイントサービスとしては、共通ポイントサービスがあります。
一応ある会社が運営しているものの、いろいろな会社が参加しているためそれぞれの会社で利用することができます。
こちらであれば期限切れになることなくポイントを使うことができます。
電力自由化によって多くの会社が電力サービスを提供していますが、各社でポイントプログラムを用意しています。
独自に行っているところもありますが、共通ポイントを貯められるケースもあります。
電気は毎月発生するので、ポイントもどんどん貯めることができるでしょう。



電力自由化で気を付けたい解約違約金

携帯電話などを利用するとき、何年割等のサービスを利用することがあります。
よくあるのは2年割などです。
2年間利用することを前提に契約をすると、お得に利用できるサービスです。
ただし、2年以内に解約をすると、違約金が発生することがあります。
電力自由化によって、いろいろな会社のサービスを比較するようになります。
より安くなりそうな会社に乗り換えようと契約をすることがあるでしょう。
これまでは電力会社を乗り換えることが無かったので、乗り換えること自体が初めての人も多いでしょう。
会社によっては、お得なサービスが利用できるものの解約違約金が発生する可能性があります。
仕組みは携帯電話などの縛りとよく似ています。
2年間利用するのを前提に割安になりますが、それ以内に解約すると違約金が発生します。
それも加味して契約をするようにしないといけません。



電力自由化で小さい会社と契約をした場合

電力会社といえば、巨大な株式会社です。
上場しているために投資なども可能です。
かつては高配当会社として投資家には人気がありました。
最近はいろいろと問題があるため利益どころではなくなっています。
それでも、電気の供給が無くなることはないでしょう。
電力自由化によって、電力の提供がいろいろな会社がからされるようになります。
中にはかなり小さい会社が行っているところもあります。
太陽光発電などで電力を作っているようですが、大手電力会社に比べると少し心配です。
急に倒産をすることがあるかもしれません。
小さい会社と契約をしてその会社が倒産したとしても、電気が急に止まることはありません。
その時は一時的に大手会社との契約に切り替わります。
実際はその前に契約を変更する手続きの依頼などが来るでしょう。
どちらにしても、その会社の事情で停電などが起きることはありません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP