電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化では家族の人数がポイントになる

電力自由化では家族の人数がポイントになる

家族が増えれば、それだけ家庭で色々なものを使います。
一番わかりやすいのは食費でしょう。
人数分食事を作らなくてはいけません。
電力自由化によって電気を選ぶことができるようになったら、どんな選び方をしたらよいのか知っておくと良いでしょう。
その一つとして家族の人数があるとされています。
食費同様、電気の使用も家族が増えると大きくなります。
冷蔵庫やエアコンが大きくなりますし、個々で使う電気製品も多くなります。
スマートフォンの充電などでも電気を使うようになるでしょう。
そのため、会社を選択するときに家族の人数を入力することがあります。
あくまでも参考データになりますが、考慮してみると良いでしょう。
人数が多い場合にはこの会社がお得になり、少ない場合にはこの会社がいいなどもあります。
大きく変わるのであれば、見直さないと損です。



電力自由化でより地域に近い会社を利用

全国には電力会社があります。
と言っても、電話会社のように日本を2つに分けただけではありません。
北海道や東北、九州など各地域ごとに会社があります。
関東地方一円を網羅したり、関西地方を網羅する会社などもあります。
他の会社に比べると地域に根差した会社と言えるでしょう。
ただ、実際は広い地域をカバーしているので、それ以上になじみのある会社があるはずです。
地域に走っている鉄道であったり、その周辺に出店をしているスーパーなどがあるかもしれません。
電力自由化によって、いろいろな会社がサービスを提供し始めています。
関東地方では、鉄道会社がサービスを提供しています。
鉄道会社は、人の輸送だけでなく、地域の開発などを行っています。
それだけに行っているサービスも広いです。
こちらに乗り換えると、鉄道の料金がお得になったり、ポイントをより多くもらえたりします。



電力自由化は事前シミュレーションが大事です

「ガス会社でも電気を買える時代に」とは、とあるガス会社のコマーシャルです。
とても重要な事をさらっと言っています。
電気を特定の電力会社から買うのが当たり前だったことが、自分の手で選べるわけです。
これを一般的には「電力自由化」といいますが、自由化によって、サービスや価格が変わり、電力を消費する消費者が、よりコストの安い電力会社を選択できるようになります。
これによって月の電力代を浮かす事ができ、万歳、と言いたいところですが、我が家の場合、いくつかの会社で試算したところ「年間300円」ほど安いという、あまり実りのない結果でした。
電気会社を変える手間を考えると、あまりにもメリットが無く、現状は電力会社から電気を買っています。
電力自由化だと安易に飛びつくと、後で面倒な事になりかねません。
どのあたりまでメリットが出ればご家庭の得になるか、良く事前にシミュレーションされてから変更するのが良いでしょう。
これは大事な事です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP