電力会社比較し隊~電力自由化の波に乗ろう~

ホーム > 電力自由化情報 > 情報の透明性から電力自由化を決める

情報の透明性から電力自由化を決める

新たに電力会社を電力自由化によって見つけて、契約を結ぼうと考えている時には、本当に発電されている電気がその企業から行われているか知るべきです。
情報が透明化されているかが重要なポイントであり、全ての電力会社を比較しながら決めるべきです。
パンフレットや企業のホームページを確認しながら、本当に分かりやすい情報を開示しているかチェックしていきましょう。
そして情報をしっかりと表示しており、発電方法もイラストなどで伝えているのがポイントとなっています。
表示するのが義務化と考えている企業は多いので、情報を色々と収集することができます。
電気の原材料などを把握することができるので、様々な目線でチェックするようにしましょう。
そして気になる料金においても、広告などで表示されているかどうかもポイントです。
そして分かりづらければ、その企業へ連絡して対応してくれるかもポイントです。



親や親戚など近い知り合いから電力自由化を決める

数多くの企業が電力自由化によって電力事業に参入していますが、企業の中には国内の大手電力会社が100パーセント出資している子会社も存在しています。
そこで電力自由化によって電力会社を切り替えようか検討している時、どうしても判断がつかない時には親戚や親が勤務している際には聞いてみるのもいいでしょう。
大手電力会社の子会社ならば、自分のお金が原発であったり石炭などを利用しているか把握することができます。
そして環境に対する取り組みや、サービス面などで生活に悪影響を与えるかどうかチェックして判断をするといいでしょう。
契約を親戚など、その企業に勤めている人が強引に行うのは禁止というところもありますので、あくまでも自分自身で得するかどうか決めていくことが重要です。
既存の電力会社は他の業種と提携を組みながらサービスを提供しているので、色々と比較していきましょう。



電力自由化によって会社を切り替えるメリット

電力自由化は日常生活で色々とメリットを与えていきますが、そのポイントをしっかりと把握して乗り換えるか判断するようにしましょう。
電力会社を乗り換えるメリットとして、最初に月々の電気料金を少しでも安くすることができます。
多くの新しい電力会社というのは、これまで電力を提供していた大手の電力会社の中で一般的な料金プランを考えて提供しています。
それに合わせて得する料金プランを提供していますが、同じ料金テーブルとなっている時には料金単価をチェックします。
大体2パーセントから5パーセント程度引き下げているので、毎月の電気料金が安くなっています。
そして色々なサービスを新しい電力会社は既に提供しており、その内容とセットで使うことができます。
割引をある程度、他のサービスでも行うことができるので安心して利用することができます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP